上手にみせる

ちょっとした手間で仕上がりに差が出ます

一昔前はお父さんの仕事であったはずの日曜大工が、主婦の間でDIYとお洒落に名前を変えて浸透しつつあります。時間のある主婦が家の不便を少しでも解消しようと始めることが多いようですが、それが高じて趣味になる人も増えています。 DIYと一口でいってもたくさんあります。一番簡単なDIYは既存の家具などを作り変えるリメイクといわれるものです。木材を使った食器棚や机をペンキやオイルで塗りなおすことです。リメイクという程の作業ではありませんが、白っぽい木材がつやっぽくなるだけでひと手間加えた価値がある仕上がりになりますし、木材をやすりで削るだけでまた違う雰囲気にもなります。 DIYというと難しいことを想像するかもしれませんが、入口としては木材を塗り替えることや少し手間を加えるだけで見た目が劇的に変わるものですから、簡単な作業なのです。

一つ一つ家にあった家具や棚を作ることが楽しい作業なのです

どんなにきっちり設計した家でも、ちょっとしたことが不便に感じることということが出てきます。例えば少しの隙間やオープン収納の棚の幅など、きちんと設計したつもりでも生活しているうちに不便が出てくるものなのです。 そういう時、その家独自の規格サイズにはない家具を作ることは主婦のDIYとしては腕の見せ所となります。メジャーできちんと採寸して釘を打ち、ぴったり収まった時の感動は単にものを作る楽しさを求めるDIYとは違う喜びがあるのです。趣味と実益を兼ねているとはこのことなのです。そしてそういうDIYこそが最近のトレンドであり、定番になりつつあります。使い道のわからない椅子や家具を作るのではなく、必要なものをきちんとしたサイズで作ることが主婦DIYの喜びであり、ステップアップへの一歩なのです。